なう

コンサートでお疲れ癒やし隊【ゼスト御池】


京都市消防音楽隊のふれあいコンサート

京都市消防音楽隊の人気演奏

拍手を贈る立ち見席の聴衆

詳細
タイトル
コンサートでお疲れ癒やし隊
種別
なう
場所ゼスト御池
撮影日時2017年4月25日
おすすめ
ポイント
防火ふれあいコンサート
説明
京都市消防局が災害予防のPRの一環として2017年4月から5月にかけて商店街などを会場として「ふれあいコンサート」を実施している。
第1回目は地下鉄東西線の「ゼスト御池」の河原町広場で25日午後12時20分から「錨を上げて」「見上げてごらん夜の星を』など10曲を20名余の隊員が熱心に演奏を行い聴衆の拍手を浴びていた。
情報提供さくらがい

花ざかりの曹源池庭園【天竜寺】


躑躅(白は灯台つつじ、黄色はヤマブキ)

石楠花

可愛い庭桜

詳細
タイトル
花ざかりの曹源池庭園
種別
なう
場所天竜寺
撮影日時2017年4月24日
おすすめ
ポイント
硯石の八重桜や入り口近くの庭桜も見ごろ
説明
世界文化遺産の天竜寺は法堂天井の八方睨みの雲竜図や国の史跡および特別名勝の曽源池庭園などが、ポピュラーだが、今回は庭園の拝観コースを辿り「望京の丘」や「百花苑」などの花に焦点をあてて見た。
情報提供さくらがい

夢窓国師入滅の地【臨川寺】


中門の正面(石庭の三尊石と開山堂)

中門に足利義満の直筆の額「三會院」

開山堂の内部から中門と入り口の門を見渡す。

詳細
タイトル
夢窓国師入滅の地
種別
なう
場所臨川寺
撮影日時2017年4月23日
おすすめ
ポイント
通常は非公開の寺院
説明
夢窓国師は観応元(1350)年に入寂すると当寺の開山塔の三會院(さんねんいん)に埋葬された。夢窓疎石は作庭家としても有名だが、後醍醐天皇の霊を慰めるために天竜寺の開山となり晩年をこの寺で過ごした。国師の遺言により世良親王(後醍醐天皇の第2皇子)のお墓の西に埋葬、名石を上に置き亨堂の床下には金網を通して国師の石棺を垣間見ることができる。枯山水庭園は三尊石に来現した釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩に対し、四方の十六羅漢が説法を聞くという有様を表現した構成になっている。
情報提供さくらがい

日本海を見渡せる喫茶店【ブルータンゴ】


間人港に面した「喫茶ブルータンゴ」

窓からの景色(間人港とブリッジ)

高台から見た見越しの桜と漁港の風景

詳細
タイトル
日本海を見渡せる喫茶店
種別
なう
場所ブルータンゴ
撮影日時2017年4月21日
おすすめ
ポイント
間人の中心部にある貴重なスペース
説明
間人(たいざ)といえば、カニと難読地名で有名な街。街中では希少価値のある喫茶店で、地元の新鮮魚介を使ったランチメニューと窓から見渡せる間人漁港の景色が自慢。女店主は丹後ちりめんマイスターで和歌もたしなむ文化人だ。
日帰りなどで一服するのに、もってこいの場所といえる。
(電話0772ー75-1459 営業8.30~17.00 定休→水曜)
情報提供さくらがい

一日一組限定の宿【古民家・吾平治】


古民家・吾平治の外観

吾平治の内部(部分)

海の幸、山の幸が盛りだくさん

詳細
タイトル
一日一組限定の宿
種別
なう
場所古民家・吾平治
撮影日時2017年4月18日
おすすめ
ポイント
周辺はぶらり散策にもってこいの見どころがある。
説明
京丹後市の漁村・竹野にひっそりと佇む古民家は隠れ宿風の雰囲気だ。一日一客に限定し伝統的な古民家のよさを都会の人に知ってもらおうという女将の心意気。
築80年余の母屋に築140年余の蔵からなる空間だ。
昼食を予約で利用させてもらった。カニのシーズンは終わっていたが、とれたての旬の食材を生かした丹後ならではの料理に舌つづみを打つことができた。女将の弟さんが漁師の関係でサザエ、アワビ、活魚など、地元ならではのとれとれだ。
空いていれば4人程度で7000円、10人程度なら5000円から料理が頼める。
(電話0772-75-0561)
情報提供さくらがい
1 2 3 4 5 6 7 ... 289 次へ› 最後 »

Comments are closed.