オープンデータ「京都が出てくる本のデータ」活用事例として紹介されました。

●オープンデータ「京都が出てくる本のデータ」活用事例として紹介されました。

小説・マンガに登場するスポットをスマホで案内 (京都)
https://www.facebook.com/hananavi/posts/781516535245895

京都の図書館の司書グループ「ししょまろはん」が作成したオープンデータ「京都が出てくる本のデータ」を活用し、ご当地ナビアプリに「小説・マンガに出てくるスポット」という名称で組み入れた。「鴨川ホルモー」「羅生門」など50以上の作品を京都度、おすすめポイント、内容、スポットなどで紹介。現在地からの経路表示もあり、作品の舞台巡りにも活用できる。

This entry was posted in オープンデータ作成ツール, パブリシティ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.