【プレスリリース】本とスマートフォンを持って行こう!

「小説・マンガに出てくるスポット」をスマートフォンアプリで案内

 

2014年3月14日

報道関係各位

京都フラワーツーリズム推進協議会
http://i2navi.net
ししょまろはん
http://libmaro.kyoto.jp
京都フラワーツーリズム推進協議会(会長:御舘 統生)は、「ししょまろはん」が作成したオープンデータ「京都が出てくる本のデータ」をもとに、小説、マンガ、ライトノベル等の作品で、京都が出てくるシーンのスポットを、スマートフォンアプリでスムーズに案内できるようにしました。
ぜひ、そのスポットで本に出てくるシーンを読んで、本の奥深さを新たに味わってください。京都の図書館で働く司書のグループ「ししょまろはん」は、小説、マンガ、ライトノベル等の作品で京都府下エリアが登場する本について、京都の位置データ、おススメ度、内容紹介を行い、オープンデータ化しました。
「ししょまろはん」は、京都都府エリアが登場する本について、スポットの位置情報(緯度経度情報)を付与し、さらに、次の5つの視点から本の紹介をしています。 

  • 1)京都度:京都のみでストーリーが展開する小説は100%、京都に「立ち寄った」程度の場合は、
    京都度のパーセントが低くなっています。
  • 2)心情 :ドキドキ、すっきり、ワクワク、きゅんきゅん、ビミョー、ほんわか、ほろっと、
    にんまり、はんなり、いやん、わはは、ゾクッなど 心情を表す指標を導入。
  • 3)おすすめポイント:五つ星で評価
  • 4)要約:100文字程度の要約
  • 5)スポット:場所名と簡単な案内

「京都が出てくる本のデータ」の作品は、例えば、

  • マンガ :こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治 .....
  • ライトノベル :秘剣こいわらい 松宮宏 .....
  • 時代・歴史小説 :壬生狂言の夜 司馬遼太郎 .....
  • 小説 :燃える秋 五木寛之 .....

など、現在、52件あります。今後も継続的に取り組み、作品を増やしていきます。

「京都が出てくる本のデータ」のオープンデータは、次のURLで公開されています。

  http://linkdata.org/work/rdf1s1294i?key=#work_information

    ※クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス

京都フラワーツーリズム推進協議会は、このオープンデータ「京都が出てくる本のデータ」を活用して、すでに無料公開している「ご当地なび」アプリに「小説・マンガに出てくるスポット」というメニュー名で組み込みました。

メニューをタップすると、地図上に実際に作品の舞台になった場所の位置情報を表示します。

地図上のマーカーをタップすると、作品の詳細案内が表示されます。

このとき、ストリービューがあれば、その場所の周辺や屋内の様子をビジュアルに見ることができます。

その場所が気に入れば、そこへのナビゲーションも出来ますので、初めての方でもスムーズに目的地へたどり着けます。

さらに、Amazonにリンクしていますので、直ぐに本を購入することができます。

「ご当地なび」アプリの対応端末は、iPhone 、iPad 、Androidです。

本とスマートフォンを持って行こう!

本に出てくるシーンの舞台を訪ね、じっくりと本を読み返し、本の奥深さを味わってください。


■「ご当地なび」アプリ

iPhone/Androidアプリ「ご当地なび」をダウンロード(無料)。
アプリを起動後「Main Menu」にある、「ご当地」の設定で全地域を選択し、「小説・マンガに出てくるスポット」をクリックしてご利用ください。アプリのURL
iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/id398326620
Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.flowertourism.itournavi

 

・実際のアプリの操作イメージはPDFのプレスリリースからご覧になれます。

 

●京都フラワーツーリズム推進協議会について
-京の四季の花の美しさを満喫していただき、また同時に地域の素晴らしい観光の魅力も味わっていただきたい-

・設立:2008年10月14日

・目的:京都の四季折々の花の開花状況や地域の観光の魅力などについて、外国人観光客を含めた多くの方々にリアルタイムに情報提供・案内を行い、観光誘客の促進と地域の振興を図っていきます。

・会員

社団法人京都府観光連盟、京都府、亀岡市、八幡市、社団法人宇治市観光協会、京都歴史回廊協議会、立命館大学、京都嵯峨芸術大学、ハイアット リージェンシー京都、近畿日本ツーリスト株式会社、エムケイ株式会社、中井タクシー、株式会社らくたび、ソフトバンクモバイル株式会社、オリンパス株式会社、フォン・ジャパン株式会社、京都フラワーツーリズム合同会社、日本システム開発株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、株式会社パスコ、嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会

・オブザーバー
宇治市、城南宮、日産自動車株式会社

 

●ししょまろはんについて
http://libmaro.kyoto.jp
京都の岡崎にある図書館で働く図書館司書たちの自己学習グループです。 

 


<本件に関するお問い合わせ先>

京都フラワーツーリズム推進協議会
お問い合わせフォーム http://flowertourism.net/otoiawase
電話:090-1133-1358 担当:高木(たかぎ)

ししょまろはん
http://libmaro.kyoto.jp
メール:korezumi@gmail.com 担当:是住(これずみ)

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.